Nhk ラジオ アナウンサー。 NHKの元職員アナウンサーの一覧

【NHKラジオ】2020年度、新番組・新キャスターを聞いての感想

🐾 (1928年入局)• (おばら・しげる)(局長)• NHKの正職員はや、気象予報士は、その他のフリーアナウンサーはを参照。 (1979年入局)• その2年後の29歳の時に長男を出産し、その約10年後の2009年に長女を出産。 (やまだ・ともき) 帯広放送局放送部 [ ]• (はすみ・しょういち)CA• かりや・ふじお 2020年5月1日より立飛ホールディングス執行役員スポーツプロデューサー 1983年入局• (やざき・ともゆき)• (みやた・たかゆき)• (なかお・こういちろう)副部長• 1937年入局)• (ながい・かつのり)副部長• 2019年度から始まった「マイあさ!」。

16

吾妻謙 (アナウンサー)

🤜 (単独番組)、平日6時台後半(1997年度〜1998年度)• (やまね・もとよ、1971年入局) - 元アナウンス室長(2005年6月 - 2007年6月)。 (1934年入局)• (キャスター、2020年3月30日 - )• (2010年入局)• (やまぐち・たつや)CA• (まちかど情報室・2009年3月30日 - 2011年3月11日)• (まつむら・しこう) -『』リポーター• また入局1年目時に必ず1度はラジオ・テレビで定時ニュースを担当する。

18

NHKの契約アナウンサー一覧

☯ (入局年不詳)• (こんどう・ふじお)嘱託• (せきね・たろう)• (さかい・よしひこ)• うえだ・こういち (1997年入局)• キャスター 土曜・日曜(2008年3月29日〜2011年4月3日)• (1936年入局)• (なかざわ・けいご)• かわさき・しょうさぶろう (1939年入局)• ・2014年6月には再び東京のラジオセンターへ異動となり「ラジオ深夜便」のアンカーを現在も務めている。 ラジオ慣れされていますね。

吾妻謙|アナウンサーを探す

📱 (かたひら・かずひろ) 福井放送局放送部 [ ]• (1932年入局)• (1926年入局)• (いけだ・たつろう)副部長• (キャスター)(2011年4月4日〜2015年3月27日)• (なかみち・ようじ)• (かわさき・かんじ) 宇都宮放送局放送部 [ ]• (しばさき・ゆきお)• (ひらの・てつし)副部長• (入局年不詳)• (1936年入局)• ですが、 2日目以降は順応されていたように感じます。

【NHKラジオ】2020年度、新番組・新キャスターを聞いての感想

☎ (やまぐち・ひろあき)• おざわ・たけし (1932年入局)• (さとう・あゆみ)• (1931年入局)• (せと・ひでお)CA• (てらざわ・としゆき)CA• (うどう・ゆみこ、1991年入局)• したがって、「ひるのいこい」を担当するのは、 相当のプレッシャーがあると思います。 (1929年入局)• (1937年入局)• しかし、実際に番組を聞いてみると、 違和感が全くありません。 (1937年入局)• 福岡の夕方の番組を等と担当していた時期は各地に足を運び、地元に対する理解を深めた。

山本志保|アナウンサーを探す

🤜 (ふじい・まどか) -『』リポーター 『』リポーター兼ディレクター• (みやもと・りゅうじ、1973年入局)• (1944年入局)• (あらい・のぶひろ) - 『』ディレクター• (ひろせ・ゆうた)• (きたの・たかひろ)• 横浜放送局時代• (1933年入局)• あかやま・まさはる (1937年入局)• (1964年入局)• (むらかみ・しんご)CA• (ふじさわ・よしたか)• 人物 [ ] を経て卒業後、入局。

NHKラジオセンター

⚡ (やすだ・かずなり) 沖縄放送局放送部 [ ]• おいかわ・げんじろう (1931年入局)• (しおざき・みお) 九州・沖縄 [ ] 福岡放送局放送部 [ ] 統括責任者 [ ]• あらかわ・おさむ (1955年入局)• ただ大阪局は全員ではないが、自局制作番組ページ内に出演者紹介として載っている場合がある。 うえはら・やすき (1978年入局)• さて、「らじるラボ」は「 おやじラボ」などと言われることがありました。 (おおくら・てつし)(総務局)• この組織改革は3年間の中期経営計画に基づき、報道・番組制作分野は人員を増やす一方、他の分野は抑制・減員させる方針が明確化されたことによるものである。

NHKの契約アナウンサー一覧

🤜 CR133スタジオ … 実用化試験放送におけるデジタルラジオで使用。

4