野口 五郎 アプリ。 超「研究者肌」アイドルだった野口五郎が65歳に アプリ開発、論文執筆、さらにはゴルフの研究レポートまで…|ニフティニュース

超「研究者肌」アイドルだった野口五郎が65歳に アプリ開発、論文執筆、さらにはゴルフの研究レポートまで… 2月23日は野口五郎の誕生日

🤩 1998年には『芸能人はなぜ老けない』(ぶんか社)という著書も出している。 華やかな経歴の裏で、経験した挫折 バラエティや俳優としてドラマなどでも活躍し、私生活ではタレントの三井ゆりと結婚するなど、野口の経歴は一見すると華やかである。

14

超「研究者肌」アイドルだった野口五郎が65歳に アプリ開発、論文執筆、さらにはゴルフの研究レポートまで… 2月23日は野口五郎の誕生日

😃ライブ観覧などの際、会場に掲示されたQRコードをこのアプリで読み取れば、感染者が発生した場合、緊急通知を受け取れる。 どうも野口には研究者肌のところがあるらしい。 政府の通知アプリ「COCOA」とは違い、接触した場所がわかるのが利点だ。

20

超「研究者肌」アイドルだった野口五郎が65歳に アプリ開発、論文執筆、さらにはゴルフの研究レポートまで…|ニフティニュース

🖕 もう30年近く前だと思うが、老後のための年金保険のCMで、歌手の野口五郎が現在の姿から老人へと変身したかと思うと、テロップの名前も「野口ごろう」の「ご」の字が移動して「野口ろうご」に変わるというのがあった。 お客がで読み取れば、来場者にコロナ感染がわかった場合、主催者側から通知が届く仕組みだ。

12

特集ワイド:野口五郎さんがコロナ対策アプリ開発 歌いたいから安心な環境に

💓 しかし、あるとき、「治そうとするから苦しむんだ」と気づくと、フッと楽になった。 趣味のゴルフについても独自の理論をレポート用紙30枚くらいにびっしり書いたことがあるという。 アルバムのCDやテイクアウトライブで配信した「光の道」のミュージックビデオには、深層振動も入れた。

超「研究者肌」アイドルだった野口五郎が65歳に アプリ開発、論文執筆、さらにはゴルフの研究レポートまで…|ニフティニュース

☮ トップアイドルとして同年代の西城秀樹・郷ひろみとともに「新御三家」ともてはやされ、多忙をきわめていた頃だ。 。 皆様、どうぞよろしくお願いします。

2

超「研究者肌」アイドルだった野口五郎が65歳に アプリ開発、論文執筆、さらにはゴルフの研究レポートまで…(文春オンライン)

😝 歌うことを突き詰め、英科学誌に論文も発表 野口はかつて医師や学者らとともに音源の振動をめぐる論文をイギリスの科学誌に発表したこともあるが、この研究も「歌うこと」から発している。

1

超「研究者肌」アイドルだった野口五郎が65歳に アプリ開発、論文執筆、さらにはゴルフの研究レポートまで…|ニフティニュース

☯ その後、声が安定してから、1971年5月にようやくデビュー曲「博多みれん」をリリースするも、しばらくは鳴かず飛ばずで、売り込みのためドサ回りも経験した。 心をコントロールするヒントを求めて、本を読み漁ったり、さまざまな人に相談したりもしたが一向に改善しない。 そのため健康を心配したスタッフにある朝、強引に車で連れて行かれたゴルフ場で、思いがけずナイスショットを出したことから、すっかりハマってしまったという。

4